LOG IN

生きているミュージアム『NIFREL』 後編

by E-ma公式ブログ

E-maブログ担当のリサです!

去年の11月、エキスポシティにOPENした『生きているミュージアム『NIFREL』に行ってきました 後編』です!

NIFRELは、「感性にふれる」7つのゾーンに分かれています

前編では、「いろにふれる」「わざにふれる」をお届けしました♪

次のゾーンはコチラ↓↓↓

「すがたにふれる」

不思議な「すがた」をした生きものたちが、異次元のような空間の中でフワフワ

普段見えているのは頭だけのチンアナゴこんなに長いなんて驚きです!

ドット模様のかわいいミナミハコフグ皮膚には毒の粘液が!

続いてのゾーン「WONDER MOMENTS(ワンダーモーメンツ)」

大きな光の球体と床に17のシーンがランダムに描かれる、体感できるアート作品になっています

ほとんど真っ暗の部屋で、見えるのは投影させる映像のみ

球体の下に入ると、まるで別世界に居るような感覚に

まさしくに全身で体感するアートです

続いては「みずべにふれる」ゾーン!

ここにいるのは、「みずべ」に住む生きものたち

隠れるのが得意なエボシカメレオン

木の葉のようなリーフフィッシュ

奥へ進むと、広々とした明るい空間

ホワイトタイガーのアクアが、じーっと何かを見つめていました

視線の先には、食事中のミニカバのモトモト

聞くところによると、これはいつもの光景だそう

アクアはモトモトを見つめながら、何を考えいてるのでしょう?

このエリアには生きものたちを見ながら食事ができるカフェ『EATEATEAT』が併設

NIFRELに来たら絶対食べようと思っていたのが『食べる水』♪

水を食べるという新体験! ぜひトライしてみて★

お持ち帰りはできず、NIFRELでしか食べられません♪

次は、生きものたちにさらに近づく「うごきにふれる」ゾーン

生きものたちが自由に動き回る「うごきにふれる」のゾーン

ワオキツネザルが、あっちこっちにピョンピョンと移動

トイレ看板にとまっているアナホリフクロウに気をとられていると、足元にいたオウギバトにぶつかりそうになっちゃいました

よそ見厳禁ですね!

まるで生きものたちのお家におじゃましている感覚です♪

そして、最後のゾーン「つながりにふれる」

壁と床、2面のスクリーンで迫力ある映像が楽しめます

ここまでゾーンを進むに連れて徐々に生きものたちへ近づき、「うごきにふれる」では生きものたちの家にお邪魔するといった『非日常』の感覚を味わいましたが、ここで流れる映像から、“生きものたちの日常と私達の日常はそこまでかけ離れたものではないのかも”という実生活との「つながり」を意識することができました♪

始めから最後まで、まさに「感性にふれる」を体験しました!

そして、最後にもう一つ!

出口付近にあるNIFREL限定のコップのフチ子さんガチャ!!

私が当たったのはオニオオハシとキュレーターバージョンのフチ子さん♪

他にはホワイトタイガーやミニカバも! どれもほしい!!.

リサ

LINE it!


E-ma公式ブログ
OTHER SNAPS